難しそう・・・実は簡単!電子書籍の使い方

専用端末やアプリの操作について

現在、日本ではオンラインモール系の2社が経営する電子書店が、電子書籍を買う時の主な窓口になっています。そして、そのオンラインモールのIDを既に所持していれば、電子書籍を買うのにわざわざ新たに会員登録作業をする必要はありません。次に、買った作品を読むには電子書店側が用意している専用の端末を買うか、スマートフォン・タブレット・PC向けのアプリをダウンロードしてアプリを利用します。なお端末やアプリの操作は決して難しいものではなく起動したらIDやパスワードの入力を求められるので、そこにオンラインモールの登録ID・パスワードを入力すれば、いつでも買った作品を読める状態となります。画面が明るすぎてまぶしい場合は明るさ調節をして好みの明るさにすれば読む準備完了です。

作品自体の操作について

続いて作品自体の操作ですが、電子書店で作品を購入したらその直後から専用端末もしくはアプリを起動したら買った作品が本棚に並んでいる状態になりますので、あとはダウンロードボタンを押してDLが完了すれば買った作品をすぐに読めます。なお、無線LAN通信しか出来ない専用端末を購入したい場合は、無線LAN環境下にない場合は端末を通じたダウンロードが出来ませんが、その際はPCと端末をUSBケーブルで接続すればPC経由で買った作品を端末内に入れることが可能です。そして、読み始めてみて文字サイズが小さいと思った場合は文字拡大操作がすぐに出来ますし、ページをめくりたい場合はタッチ操作で簡単にページをめくれます。その他、気になるページに電子しおりを入れたり、マーカーをひいたりすることも出来ます。